OLの幸せなお料理と温泉の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 政五ずしと御谷湯[両国・寿司と温泉]

<<   作成日時 : 2010/09/12 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、東京水辺ラインの「国技館「土俵祭」と、人形町老舗めぐり」というイベントに参加しました。


お年寄りばかりかなと思いつつ、「新参者」を見てから人形町に興味を持っていたけどなかなか腰が重かったのと、水辺ラインに乗りたいと思ったのがきっかけで申し込みました。100名定員のところ、当日は117名の参加者があったとのこと。(抽選にしたかどうかは不明) 3500円/人でした。遠くから参加されたかたもいたようで、数名荷物をゴロゴロされていらっしゃいました。
東京水辺ライン:http://www.tokyo-park.or.jp/waterbus/index.html


これは本当に参加してよかったと思いました ガイドのかたもとても楽しく親切で、大満足。有意義な一日を過ごしました。

土俵祭は初めて見ました。国技館に入ることも初めて。そもそもあまりお相撲に興味がない(テレビでお相撲をみるのはなぜかいつも今年の6月まで数年間日本にいたアメリカ人のうちだった・・)ので、「土俵祭」はおまけ的な感覚でこのイベントに申し込んだのです。

でも、思わず神事に見入ってしまいました。また枡席って意外と居心地よかった!なかなかいい経験でした。お土産に番付表を買いました。50円でした。土俵祭の入場は無料。20分間。

そのすぐ後に優勝額授与式が外でありますが、人が多くて、白鵬の顔がちらりと見えただけでした。終わったらすぐに出ないと見えないけど、出遅れてしまったら右側の入り口にいると通るので意外と間近で見られるようです。

今度海外から友達が来て、タイミングがよかったらぜひ連れて行ってあげようと思いました。

画像

※土俵祭:本場所初日の前日に新しく作った土俵の地鎮祭の儀式を行うこと(私語禁止)出雲大社教神官が神事を執り行うようです。地鎮祭だからかな?


その後、回向院(えこういん)などへガイドの方が連れて行ってくださいました。回向院(http://www.ekoin.or.jp/)はとても興味深かったです。有名な振り袖火事や関東大震災などで亡くなった方々の石碑や、鼠小僧のお墓などいろいろありました。このお墓では、合格祈願のために一生懸命に石を削っていらっしゃる方が。でも鼠小僧って、本当は自分のためにお金を使っただけらしく、本当はすごく悪い人だったと知って驚きました。御本尊阿弥陀如来を見ることができなかったのは残念でした。


その後、水辺ラインに乗船。

隅田川の両国から、桜橋辺りで折り返して勝鬨橋まで行き、また折り返して浜町で降りました。

途中に橋がたくさんあって、一本一本丁寧に説明してくださいました。中でも特に鉄でできた清洲橋がとても素敵でした。今ではもう作ることが難しい橋で、海外からわざわざ視察に来られるほどの素晴らしい技術で作られたそうです。※正しくは、「低マンガン鋼」でできているようです。(合金だから鉄も含まれているのかもしれませんが。)

お昼のために「政五ずし」の「與兵衛寿司(よへいすし)」を注文しておいてくださり、船上でいただきました。

これがちょっと感動。お弁当の容器が、ぱっと見、陶器のお皿のように見えるのです!よく考えられています。さすがです。
また、穴子が大きい!どれもとってもおいしかったです。お醤油をつけなくても味がすべてついているのでおいしくいただけます。酢飯には赤酢をつかってるとのこと。

與兵衛寿司はいくつかのお寿司屋さんが復刻版?として共同開発したものだそうで、もともと回向院前で華屋与兵衛(小泉與兵衛)が考案して売っていた"初めてワサビを入れたにぎり寿司”なんだそうです。

画像



下船の後の人形町周辺についてはまた次のブログ記事に書くとして、同じ両国周辺なので、イベントの解散後疲れを取るために行った温泉について書いておこうと思います。


以前からネットで見て気になっていた天然温泉、「御谷湯(みこくゆ)」。そんなに離れていないので、ついでだから電車に乗って行ってみようということになりました。

本所吾妻橋駅と両国駅と錦糸町駅のちょうどど真ん中辺りにある銭湯です。

ここは黒い温泉。麻布十番にある竹の湯(銭湯)に似た黒さです。すごく熱い・すごくぬるい・水風呂の3つの湯槽があります。他にも白湯など普通のお風呂もありました。

熱い湯槽は、他のお湯で体を慣らして、さらにボコボコとめちゃくちゃ熱いお湯が出終わった後しばらくしてから入ると大丈夫でした。出ている間は熱くて入っていられません・・。

水風呂と熱風呂と交互に入って、体の疲れがとれ、芯から温まった気がしました。なかなかいいお湯でした 下町巡りに疲れたら寄るのにちょうどいい温泉だと思います。


政五ずし[両国・寿司]
03-3632-0011
東京都墨田区両国4-27-3
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜22:00(食べログ情報なので、詳細はお電話で確認してください。)

★予約が必要だそうです。水辺ラインの方が注文してくださったので、値段はわかりません・・。
★今回はお店へ行っていないので、雰囲気等もわかりません。ごめんなさい・・。
★食べログ:http://r.tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13057352/


御谷湯[両国・温泉]
03-3623-1695
東京都墨田区石原3-30-6
営業時間:16:00〜24:00 月曜休
日帰り入浴:大人(12歳以上)450円 中人(小学生)180円 小人(6歳未満)80円

★浅草線・本所吾妻橋駅から徒歩12分、大江戸線・両国駅、JR錦糸町駅から徒歩15〜20分くらい?
★本所吾妻橋駅から三ツ目通りを蔵前橋通りに向かってずっと歩いて、春日通りを超えて4本目を右に入ってすぐ右側です。
★開くのは16時です!
★小さいスペースですがちょっと休憩するところがあります。
★タオル、リンスインシャンプー、ボディーシャンプーのセット100円なので、手ぶらでも行けちゃいます。







両国 月の縁 華屋与衛人情鮨 (廣済堂文庫)
廣済堂出版
本庄 慧一郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 両国 月の縁 華屋与衛人情鮨 (廣済堂文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ。これは面白そうですね。
下町とはいえ、回向院の方面って行ったことないんですよ。
ほぉ〜。宮部みゆきの歴史小説の世界だわ。
ゆーか
2010/09/19 23:36
回向院はぜひお薦め!でも、できればガイドさんがいたほうがいろいろ説明してくれるので楽しいかも。
sue
2010/11/07 01:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
政五ずしと御谷湯[両国・寿司と温泉] OLの幸せなお料理と温泉の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる